• Blogger Social Icon
  • Facebook Social Icon

© 2016 by M-Cross International Corporation

まずは無料相談をお試しください。

アメリカ進出業界別情報

アパレル 業界用語の説明

プロモーション・ツール

 

ラインシート(LINE SHEET)
日本で言うカタログです。こちらでは、ラインシートと呼びます。ラインシートには、商品の写真、サイズ、素材などの情報を入れます。ラインシートに、卸価格をMSRP(メーカー推薦小売価格)を記載されている場合もありますが、別途、価格表(PRICE SHEET)を作成している場合もあります。

 

ルックブック(LOOK BOOK)
ブランドイメージを出すための、商品写真、モデルの写真、イメージ写真をなどをまとめた物をルックブック(LOOK BOOK)と言います。これには、ラインシートに掲載されている商品の詳細情報は記載されていません。

 

プライスシート(PRICE SHEET)
価格表のことです。このプライスシートには、卸価格、MSRP(メーカー推薦小売価格)、ロット数(セットになっている場合は)、取引条件などが記載されています。

 

取引用語

 

卸価格(WHOLESALE PRICE)
日本では、掛け率で卸価格を提示しますが、アメリカは、基本的に小売価格を設定しないために、卸価格そのものを提示いたします。

 

メーカー推薦小売価格 (MSRP)
MSRPとは、Manufacturer Suggested Retail Priceの略で、メーカー推薦小売価格のことです。独禁法の関係で、小売価格が設定できないために、推薦という言葉がつきます。

 

マップ(MAP)
MAPとは、Minimum Advertisement Priceの略で、広告する場合の最低小売価格のことです。アメリカは全てが自由競争なので、メーカーが小売価格をコントロールすることができません。但し、広告の最低価格は、MAPで定めることが可能です。これは、インターネット上の販売も含まれます。

 

請求書(INVOICE)

請求書のことは、INVOCIEと言います。

 

発注書(PURCHSE ORDER)

発注書は、PURCHSE ORDERを略して、POと言います。

リードライム(LEAD TIME)
リードタイムとは、納期のことです。「LEAD TIMEは?」という質問を受けた場合は、8週間とか、2ヵ月というような言い方をします。

 

NET30
NET30とは、請求書(INVOICE)発行日から、30日以内の支払い条件のことです。NET60になると、請求書発行日から、60日以内の支払い条件となります。

 

 

アパレル業界の一般的な取引条件

アメリカでは、卸業者を通しての販売があまりなく、ほとんどが、メーカーが直で、大手も小さな小売店へも直接販売します。小さな小売店の場合は、COD取引が普通で、出荷前に、クレジットカードで決済します。大手になると、NET30もしくは、NET60を要求されますが、小売店はカードでの前払いに慣れています。ドル建てでクレジット決済ができる準備が必要になります。集金リスクは日本と比較すると低いです。また、FOBアメリカ価格提示ですので、倉庫から、お客様までの送料は、通常、バイヤーが支払ます。納期については、即納(IMMIDIATE DELIVERY)もありますが、リードタイム(LEAD TIME)が、8週間~12週間が平均的です。

 

アメリカの小売店の価格設定

小さい小売店は、仕入価格の倍から、2.2倍。大手になると、2.6倍というのが平均的な小売価格です。もちろん、大手になると、仕入価格も低いですので、ほぼ、同じ価格となります。

 

発注の時期

大手の場合は、3月~4月に11月(ホリデーシーズン用)納品の商談がされます。11月~12月に、7月(バック・ツー・ザスクール)納品の商談がされます。この7月と11月の納品が、一番1年で数がでる時期です。

 

ケアラベル
英語のケアラベルは必要になります。最低限、原産国、素材、取扱いシンボルのラベルを作る必要があります。

 

 

 

California Proposition 65(カリフォルニア州プロポジション65)
カリフォルニア州の鉛についての規則です。通常の取引では問題はないですが、大手との取引の場合は、このカリフォルニアの発がん性の規則が、繊維やその他で問題になることがあります。詳しくは、下記をご参照ください。